NISSEN インナー&アウターケーブル

ロードバイクの性能と言えば、車体の軽さやエアロ効果、ハブの回転性能などが注目されますが、シフトやブレーキの操作性も重要になってきます。

ワイヤーの引きの軽さというと微妙な問題のように思えますが、レース中での的確なシフト操作、疲れが出てくるタイミングでの快適なライド、下りでの安全なブレーキング、
実はワイヤーの良し悪しでかなり変わってきます。

NISSEN(ニッセン)のケーブルは、引きの軽さが長期持続し、耐久性も高いと評判のケーブルです。
しなやかなアウターケーブルで、無理のない取り回しができ、インナーケーブルも一般的なものよりも細い径のワイヤーを多く使用し、ワイヤー自体のしなやかさと耐久性を実現しています。

ワイヤー交換時にニッセンケーブルを指名して下さる方も増えてまいりました。
オーバーホールを予定されている方、ワイヤー伸びが気になっている方は是非一度お試しください!

R E C E N T P O S T S

  1. 2022.11.29

    ULTEGRA C50